予約診療制

〒709-2121
岡山市北区御津宇垣1641

TEL:086-724-4618
診療時間 9:00~12:30 / 15:00~19:30

予防歯科

院内の設備
Mobile Site
HOME»  予防歯科

歯周医学の進歩と定期検診の重要性について

予防歯科は、今は困っていなくても定期的に歯科にかかって病気を予防することです。わかりやすく言えば
「予防歯科=定期検診」と置き換えてもらえばよいと思います。

虫歯や歯周病の治療が一段落したら、「やっと終わった。しばらく歯医者は通わなくてすむわ。」と思われる方が大多数だと思います。気持ちはすごくわかります。自分が同じ立場でも“これからお話しする事実”を知る前であればそのように考えたと思います。

ここ数年で、特に歯周病予防は時間を作ってでも行っておかないといけない理由が次々に学会で発表されました。

「歯周医学」といって、歯周病と全身疾患の関係を明らかにする学問がここ数年で飛躍的に進歩し、歯周病菌が多くの全身疾患に関わってきていることが分かってきたからです。

小児の予防歯科(定期検診)については「小児歯科」のページをご覧ください。

定期検診が必要な具体的な理由①

「虫歯や歯周病の再発予防のために定期検診に来てください」というだけだと次のような会話になります。

(歯科医)
「やっと今日で一通り治療は終わりました。また3か月くらいで定期検診を・・・」
(患者さん)
「ありがとうございました。長い間、お世話になりました。また電話します。(今はやっと治ったのでしばらく歯医者は結構。)」
(歯科医)
「・・・。」

と、まあいつもの感じになります。定期検診ではなく虫歯になったり、歯ぐきが腫れたらその時に電話。皆さんはいかがでしょうか?

定期検診に通われている一部の健康に関心が高い人は実はこれからお話しすることをすべてではないにしてもご存知です。まだ一般的に細かい情報が行き届いていないので歯科検診は歯周病の怖さを知っている私たちが考えるほど定着していません。これから全身の健康を守るために歯科の定期検診が必要である大切な理由をお話しします。

定期検診が必要な具体的な理由②

では、歯周医学が進歩して何が分かってきたのかを簡単にわかりやすく説明します。興味がある方は歯周病が糖尿病や動脈硬化と関係があることはすでにご存知と思います。少し他の病気も含め歯周病が進行がどの病気に関係し、どれくらい悪くなるのかすこし具体的にお話しします。

進行した歯周炎を放置した場合、糖尿病との関係

  • 2型糖尿病に2.6倍かかりやすくなる。(NelsonRG ら Diabetes Care 1990)
  • 重度歯周病を治療、管理することでHbA1cが1%低下する。軽度歯周炎にかかっている糖尿病患者に対し抗菌薬を用いた治療法が有効である。(Hiroshima Study 2013)
  • 歯周病治療と血糖値の改善には関連性がある。(Diabetologia 2012 ) など

歯周炎と脳梗塞・心筋梗塞・動脈硬化との関係

  • 重度歯周病患者は狭心症、心筋梗塞を起こす確率が2.8倍上がる。(BeckJら J Periodontal1996)
  • 歯周病患者は脳血管疾患を起こすリスクが1.66倍上がる。(WuTら Arch intern Med 2000)
  • 歯周病がある人が心筋梗塞になる可能性は2.7倍高い(京都大学2015.4)
  • 積極的な歯周治療によって動脈硬化性疾患のリスクは改善する(日本歯周病学会2015)

歯周病が関連しているその他の疾患について

  • 歯周病がある人が関節リウマチになる可能性は2.7倍になる(京都大学医学部付属病院リウマチセンター 2015)
  • 全てのバージャー病(閉そく性血栓性血管炎)患者は歯周病と診断され、いずれも中等度から重度歯周病であった。患部の血管試料のほとんどから歯周病菌が検出された。正常血管からは歯周病菌は検出されなかった。(米国血管外科専門誌 Journal of Vascular Surgery 2005.7)
  • 歯科衛生士による口腔ケアを週1回2年間行った場合、肺炎による死亡者は5%、口腔ケアを行わなかった場合は死亡者16.7%で肺炎による死亡リスクを75%低下できた。(Adachiら 2002)
  • アルツハイマーで亡くなった10人のうち4人の脳に歯周病菌が存在した。正常者からは見つからなかった。(フロリダ大学 2013)  その他、非アルコール性脂肪肝炎、すい臓がんなども歯周病との関係が疑われています。

ここに記載した内容はすべて学会で発表されたもので、噂レベルの内容ではありません。せっかくこのような知識を得られたのですからぜひ虫歯や歯周病にならないためにというだけでなく、全身の健康を維持するために歯周病予防、定期検診を受けましょう。少し難しい言葉を使ってしまいましたが、意味が変わるといけないのでご容赦ください。しかし、これだけリスクを下げられる(予防できる)なら定期検診に行かない手はありません。と思いませんか?

PAGE TOP