予約診療制

〒709-2121
岡山市北区御津宇垣1641

TEL:086-724-4618
診療時間 9:00~12:30 / 15:00~19:30

小児歯科

院内の設備
Mobile Site
HOME»  小児歯科

子どもの歯科診療

子供は大人が小さくなっただけではありません。大人であれば「痛くなるので早く治そう」と考えて少々苦手でも頑張って虫歯の治療を行います。それは、“今放置すると後でもっと大変なことが起こる”ことが自分の経験や他人の話から想像できるからです。子供は痛くない歯を治療する必要性については経験もないので理解できません。私たちはなるべく子供たちが歯の治療に協力的になるように、恐怖心を持たないような手順で少しづつ道具を使ってお掃除したり、簡単な予防処置から行っていきます。

「歯医者さんにギーッしてもらうよ」とか「注射してもらうよ」は本当に禁句!

 

最近は減ってきましたが、歯を治すことを「そんなことしたら歯医者さんにギーギー削ってもらうわよ」とか「注射してもらうよ」とあたかも「歯の治療=バツを与える」ように言われる方がいます。歯の治療はバツではありませんし、治療の道具に慣れてもらうのはバツを与える練習をしているわけではありません。大人は冗談半分で言っていても不用意な一言で今まで積み重ねてきた練習が水泡に帰してしまいます。特に虫歯があって子供が小さいうちはスムーズに歯科治療のラインに乗れるように家族みんなで細かい言葉にも気を配って下さい。
 

知っていますか? ”フッ素”が特に効果的な年齢は決まっています!

乳歯も永久歯も生えてから2~3年かけて唾液の成分やフッ素の力で表面が強くなり虫歯になりにくくなります。逆に生えて間もない時期はタケノコと同じで歯の表面が未成熟で柔らかく、プラークが残っているとすぐに初期虫歯や虫歯になってしまいます。虫歯になりにくい歯にする(歯質を強化する)には一生のうちでもこの「歯が生えてから2~3年」の時期に定期検診にかかるのが重要です。つまり、歯が生え始めてから最後の永久歯(12歳臼歯)が生えて3年くらい、およそ中学卒業までのフッ素塗布やシーラントなどが虫歯予防や強い歯を作るうえで最も効率が良いといえます。もちろん、歯は食べ物による脱灰(溶ける)と再石灰化を繰り返すのでこの時期だけというわけではありません。脱灰しにくい強い歯を作るのに効率が良い大切な時期という事です
 

知っていますか? 強い歯周病菌の感染を効果的に抑制できる時期があります

歯周病予防においても虫歯予防と同様に注意したい時期があります。中学生くらいの時期から思春期性歯肉炎といってホルモンバランスが不安定になり、少しの汚れでも歯肉から出血しやすい時期があります。歯磨きをしっかり行うことで管理できますがこの時期に歯肉を腫れた状態で放置しておくと、強い歯周病菌が住み着くことが分かっています。歯周病は大人になってからも予防が大切ですが、この時期放置して大人になって強い歯周病菌を相手に予防を頑張るよりも強い菌が住み着かないように10代のうちにしっかり管理し、将来、楽に予防ができるようにする方が生涯にわたって歯周病から歯を守る一番の近道といえます。
 

子供が歯医者を嫌がらない方法とは?治療が苦手で痛がっている場合は?

低年齢であればあるほど経験が有る、無いで行動に差が出ます。初めに話しましたが、大人は仮に経験がなくても他人の話や想像で行動することが出来ます。来たことがある、したことがある、良い思い出がある、ここで嫌な経験をしたなど、子供は少ない自分の経験の中から次の行動を起こすものです。初めて歯科を受診するような場合は、来院のたびに段階的に歯科の道具を慣らしていく。少しづつ道具を使う時間を延ばしていく。など同じようなことでも刺激を徐々に長く、大きくしていきながら自然に苦手意識を持たせないように工夫しています。

この”慣れ”には性格や個人差が大きく関与し、みんな同じようにしていけば同じようにできるようになるというものでもありません。また、初診時の段階で、治療や道具が十分使えず、かつ痛みを伴うような虫歯がある場合は小児歯科専門医などで体制が整った中で多少無理をしてでも虫歯の治療を優先して行うこともあります。その場合は安全に治療ができるような専門医を紹介いたします。

PAGE TOP