予約診療制

〒709-2121
岡山市北区御津宇垣1641

TEL:086-724-4618
診療時間 9:00~12:30 / 15:00~19:30

義歯・入れ歯

院内の設備
Mobile Site
HOME»  義歯・入れ歯

保険の入れ歯と自費の入れ歯は何が違うのか?

①入れ歯とはどのようなものか?
大きく分けて、「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。自分の歯が全くない場合は「総入れ歯」に、歯が残っていて金属のバネで引っ掛けれる入れ歯を「部分入れ歯」と言います。
入れ歯はピンク色の”義歯床”と人工歯、”金属のバネ”から構成されます。自費の場合は”金属床”といってプラスチックの部分を小さくして違和感を少なくすることが出来ます

②違和感や咬む力はどのようになるのか?
入れ歯は、自分の歯と比べ、咬む力や噛み砕く能力は約1/2~1/3くらいまで低下します。プラスチックよりも薄く強い金属床をつかって入れ歯特有の違和感を軽減させ、割れたり壊れたりする可能性を抑えることができます。
自費の入れ歯には、目的にあった様々な材料がありますので、患者さんの希望にあわせてこちらでお選びします。

③自費の入れ歯の特徴
  1.金属のバネを目立たないようにしたい(きれい)。
  2.壊れにくい入れ歯にしたい。(丈夫)
  3.薄く、小さく違和感を少なくしたい。(保険の物より快適)

といえます。下の写真を見ていただき、お気軽にご相談ください。

上の前歯4本が入れ歯になった場合・・・真ん中は保険の入れ歯(保険では金属のバネがかかります)、右は自費の入れ歯でバネが目立たないタイプの入れ歯(レジンクラスプ義歯)

自費の入れ歯

金属床義歯、スマートデンチャー(レジンクラスプ義歯)

~ スマートデンチャ―の例 ~

  • 金属床+スマートデンチャ―

「クラスプ」とは歯に引っかける金属のバネのことで、「スマートデンチャ―」とは歯に引っかける金属のバネを特殊なレジン(樹脂)でつくり、見た目を大幅に改善したものになります。

1本だけ欠損している場合からほとんどすべて歯がない場合まで、歯の残り方によって設計が変わるので、それに伴って費用も変わります。義歯作製一式:9~44万円

 

  • プラスチックの総入れ歯 → 金属床へ (置き換え修理)

お使いの入れ歯が快適な場合、2週間程度お預かりして、もともと保険の入れ歯だったものを「金属床義歯」に作り変えることができます

咬み合わせも入れ歯の形も使っていた物と同じですから、「薄くて話しやすい」、「割れる心配が無いので安心して食事ができる」、「熱を伝えるので食べ物がおいしい」と充実した日常生活を送ることができます。中には口の中が広くなって違和感が少なく話しやすい方もいるようです。使用する金属は「歯科用コバルト合金」や「チタン合金」になります。コバルト合金は熱を伝えやすく飲み物、食べ物によっては強く熱を感じることがあります。チタン合金のほうがコバルト合金より熱の伝わり方は自然です。

例:チタン床置き換え+ゴールドフッ素コーティング:33万円(税込み)

保険の入れ歯

プラスチック 保険適用

保険では使用できる材料やデザインに制限があります。基本的にすべてプラスチックのため分厚くなり違和感が強く、自費の物と比べ強度も無いので壊れやすいと言えます。
「噛む」という基本的な機能についても金属床の方がかっちりしているのでよく噛めます。ただ、弱い歯が残っていて今は抜歯をしたくないが長く持ちそうにない場合などは修理しやすい保険の義歯を使って、抜けた後に修理しながら落ち着いたら自費の良い入れ歯に変える方法も有効だと思います。

PAGE TOP