予約診療制

〒709-2121
岡山市北区御津宇垣1641

TEL:086-724-4618
診療時間 9:00~12:30 / 15:00~19:30

インプラント

院内の設備
Mobile Site
HOME»  インプラント

抜歯して歯がなくなると「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」のいずれかの方法で治療することになります。それぞれ一長一短があるのでくわしい説明を要望される方はスタッフまでおたずね下さい。

インプラントとは?

親知らずや歯列矯正で便宜上抜歯した場合を除き、永久歯を抜歯したらそのあとに何らかの方法で欠損した部分に歯を作らなければいけません。この場合、患者さんには(1)入れ歯、(2)ブリッジ、(3)インプラントのいずれかを選択していただかないといけません。

今から何十年かすると再生療法で新しい歯ができるようになるかもしれませんが、現段階ではインプラント治療が、他の方法と比べ一番良好な結果が得られる欠損部の治療方法とされています。ではインプラント治療は何が良くて、欠点は何でしょうか?

インプラント治療の利点と欠点

インプラント治療の欠点からお話しします。

  • 健康保険が使えないので保険診療とは比較にならないほど費用がかかる。
  • インプラント体を骨内に埋めるために抜歯程度の外科処置が必要である。
  • 最終的な歯が入るまで早くても3~4か月必要で、その治療期間の間は欠損のままか、部分入れ歯を入れる必要がある(現在、この点は新しい技術で改善されつつある)。
  • 持病の全身疾患によっては希望されてもできない場合がある。

その他、細かいところはあるかもしれませんが、一般的にはこのようなことが挙げられます。これらをクリアできるのであればインプラント治療がお勧めです。では、お勧めの理由をお話しします。

インプラント治療の利点

  • 何よりもよく咬めて、かつ長く使えることが挙げられます。入れ歯が5年で半数がやり替え、ブリッジが8年で半数がやり替えるという研究結果が出ていますが、インプラントは10年経過してやり替えは1割程度です。残念な結果になった方も治療後は適切な管理をせず放置している場合がほとんどです。
  • インプラントの構造自体が歯と似た形をしているので違和感が少なく、歯磨きや歯間ブラシなどでの掃除も楽で自分の歯のように食事をしたり、お話しすることができます。
  • ブリッジや入れ歯のように周りの歯を削ったり、支えに使って負担をかけないので周囲の歯も長く使うことができます。
  • インプラントの上部に入れ歯を使うことでインプラント+ブリッジと比べ、最小限のインプラントで多数歯の欠損を治すことができます。(IOD:インプラント・オーバー・デンチャー)

インプラント治療の流れ

1.診査・診断・治療計画

はじめに口の中の状況を細かく診査していきます。全身の健康状況や患者さんの希望を伺い、インプラント以外の治療方法も説明します。自院でCT撮影ができるので、患者さんにわざわざ他の病院でCT撮影を行う煩わしさはありません。より具体的で細かい説明ができます。

2.インプラントを行う前の治療

現在、歯周病にかかっていたり、抜歯が必要な歯があればあらかじめ治療します。とくに歯周病の状態は、インプラント治療の成否の鍵を握るので、しっかり歯に付着した汚れ(歯垢や歯石)を除去し、定期検診などの大切さを学習してもらいます。また、インプラント治療のメリット、デメリットも説明し、最終的に同意を得たうえで治療を進めていきます。

3.インプラント埋め込み手術・術後管理

術前のシミュレーションできちんと骨の中に収まり、太い神経や血管は避けている状態です。治療中もCT画像を見ながら予定の方向、深さに準備したサイズのインプラントを埋めていきます。基本的に事前の計画をしっかり立てて、可能な限り安全性を追求した治療を心がけています。

4.上部構造(入れ歯の部分)の製作と装着

埋め込みから3ヶ月程度待って、インプラント体が骨にしっかり付いたら土台や被せ物を作っていきます。

5.メインテナンス(定期健診)=成功のキーポイント

3ヶ月程度の定期検診を続けることがインプラントを長く持たせる最大のポイントになります。せっかく高い費用を掛けて治療したのですから、ぜひ検診には来てください。

インプラントを行う設備も充実しています

  • 歯科用コーンビーム

    歯科用コーンビームCT:YOSHIDA社 FINECUBE

  • オステルメンター、ペリオテストM

    骨とインプラントがどれくらい付着しているか調べる器材:オステルメンター、ペリオテストM

当院には歯科用コーンビームCTが設置されていますので、手術後すぐにCT撮影を行い、患者さんに予定通りの位置にインプラントが埋め込まれているのかどうかを確認して帰宅していただきます。また、埋め込み後の経過観察期間中や定期検診時に骨とインプラントがどれくらい強固に付着しているかを1分程度の短い時間で数値化できる器材も揃えています。いずれもインプラントの手術を行う上では必須のもので、特にコーンビームCTに関しては最上級のものを設置しています。

インプラントの料金表 1歯あたり約30万円(税別)

インプラント治療の内訳
※当院で一般的に行っているインプラント治療の費用です。(奥歯でハイブリッドセラミック冠を入れた場合)

※骨の欠損量が多い場合や前歯でセラミック冠(=陶材、焼き物の歯)を入れる場合などは費用が変わります。事前に見積書で確認していただいています。

項目名 項目の説明
ステント作製、CT撮影 最終的な被せ物の形から理想的なインプラントの埋めこむ位置を割り出し(ステント作製、装置)、CT撮影を行います。
この診断でインプラント埋め込みが困難となった場合は岡山大学など専門医療機関へ紹介となるか、当院での義歯やブリッジでの治療を勧めることになります。

インプラント埋め込み手術 CT画像診断に従い、予定部位にインプラントを埋め込みます。治療後にはその場でCT撮影を行い予定通り治療ができているのを確認して終了になります。
歯肉整形手術 埋め込みから約3ヶ月経過するとインプラントと骨が結合したのを精密機器で計測します。
しっかり骨と付いていたら埋め込んだインプラント体に仮の土台をつけて周りの歯肉の治癒を待ちます。数値が悪い場合はさらに1か月程度安静にしておきます。
土台の装着 患者さんにあった土台を選択し、治った歯茎に土台をつけていきます。この処置には型を採ったり、噛む位置を調べたりする作業が含まれます。土台はインプラント体とネジで強固に固定します。
最終修復物装着 必要に応じて仮歯で噛み合わせが安定するのを待つこともありますが、それが落ち着くと最終的な修復物を装着します。

PAGE TOP